BCC NEWS

Cappy「Amazonセラーカンファレンス2017」にブース出展

2017年5月19日(金)、「Amazonセラーカンファレンス2017」に出展側として参加してきました。

 

毎年500名程、選りすぐりのAmazon販売事業者様が招待される「Amazonセラーカンファレンス」。出展側として招待される企業は6社程。

今年は、その出展側企業の1社として弊社もご招待いただき、Amazon総合ツール「Cappy」をブース出展しました。

 

開催場所は目黒雅叙園。午後1時、アマゾンジャパン社長、Jasper Cheung様の開会の挨拶から始まり、基調講演、2回にわたる分科会、懇親会という流れで開催されました。

 

 

 

各会の合間に休憩時間があり、その間にセラーカンファレンスに参加されたセラーオーナー様に「Cappy」をご紹介いたしました。

 

驚いたことは、「Cappy」がAmazonのホームページ上(外部企業ツール一覧)で紹介されていることもあり、ブースにお立ち寄りいただく多くの皆様が、弊社のサービスをご存知だったことです。

 

2016年9月にCappyをリリースしてから9ヶ月。認知度の高まりを肌で実感できるウレシイ機会となりました。

 

 

また、セラーカンファレンスに参加されているセラーオーナー様、やはり事業としてAmazon販売を営んでいる方ばかりで、セラーも大型。

 

現在、Cappyをご利用中の方からは

 

・月次の在庫棚卸し機能

・仕入値の入力による利益管理の自動化

 

在庫・売上機能にあたる、この2つの機能が、非常に便利というご意見を頂いていて、セラーカンファレンスでもその機能を中心にお話することになるだろうと予想していましたが、

 

実際にブースに立ち寄っていただくセラーオーナー様には、出品ツールやサンクスメールにも大変興味をお持ちいただきました。

人気があった機能を2点ご紹介させていただきます。

 

 

 

複数人・複数端末で、1つの納品プランの作業ができる出品ツール

 

Cappyの出品ツールは、1つの納品プランに対し、商品登録と出荷作業をそれぞれ別の人が行ったり、商品登録の途中でも、他の人に納品プランの作成を連携することができます。

 

セラーセントラルにログインしなくても出品できるので、どの端末・PCをつかっても問題ありません。

 

たくさんの商品を自社で出荷する方にとっては、分業体制を整えることができる大変便利な機能です。

 

 

 

商品SKU毎にオリジナルのメールが配信できるサンクスメール

 

Cappyのサンクスメールでは、商品毎にオリジナルの文章でメールを自動で配信することができます。

 

購入者様に、その商品の特性や使い方を商品のレビュー依頼とともにメールすることで、商品レビューの獲得件数がアップ。

 

新規顧客はレビューを読んで、安心して商品を購入できます。

配信タイミングを調整すれば、リピート購入率のアップにもつながるでしょう。

 

自社商品をお持ちで、顧客満足度の向上に意識をおくセラーオーナー様にとって魅力的な機能となります。

 

 

 

Cappyの便利機能は多岐にわたりますが、セラーの規模や、販売する商品によってその魅力や、使い方が異なってくることを再認識し、今後の開発やお客様へのご案内に活かしていきたいと実感しました。

 

 

最後になりますが、Amazonセラーカンファレンスという一大イベントに参加できた事を、大変嬉しく思っています。

これもひとえに支えてくださった会員様のおかげです。

 

今回の経験をもとによりよいサービスの提供に努めて参ります。

今後ともよろしくお願いいたします。

 

 

 

ブースに展示した弊社公式キャラクターCAN犬(キャンケン)*の顔ハメ看板です。

 

 

*CAN犬のLineスタンプあります!

通常使いの挨拶や、ぷちぷちをする姿がとても愛くるしいです。

Lineスタンプをダウンロード

 

関連記事

  1. BCC NEWS

    【ファッション関連商品】川越FCへの配送料金が無料に!

    今日は、出品代行サービスの「プレミアムプラン」にご加入の会員様、これか…

最近の記事

PAGE TOP
Bitnami